こころ木造建築研究所

ここらぼ市

ここらぼの家づくりでは県産材の杉やヒノキ、また国産の広葉樹などたくさんの木材を利用しています。建築中の現場では、できるだけ無駄なく使っていますが、どうしても加工の過程でいろいろな寸法の端材が出てしまいます。そのまま捨ててしまうのではもったいないので、来てくださった皆さんに無料で差し上げ、有効活用してもらおうと思い今回「ここらぼ市」を行うことになりました。

建築現場で使えない端材でも、小さな棚や小物を作るなら、まだまだ立派な材料として活かす事ができます。なんでも買ってしまうのではなく自分に合った、自分だけのものを暮らしに取り入れてみてはいかがでしょうか?

日時

(小雨決行)

2021年6月5日(土) 10:00~16:00

  1. 端材は無料で差し上げます。
  2. 事前予約は必要ありませんが、当日はお越しになった際、インターホンで構いませんので、一言お声かけください。
  3. 袋、ヒモ、はさみはお貸し致します。
  4. 袋に入るだけ詰めていただいて構いませんが、できるだけ多くの方にもらっていただきたいため、1 人1 袋でお願いいたします。
  5. ここらぼ市の材料で何かを作られた際には、後日お写真などをいただけると嬉しいです。今後の参考にさせていただきます。

何かご不明な点など質問がございましたら問合せフォームよりご連絡ください。木材の切断や加工などについてはお引き受けできません。あらかじめご了承ください。

端材を使って、木工にチャレンジしてみませんか?
端材の中には色々な材料がありますよ!

幅の広い板から細い角材までいろいろあります。
杉や檜、栗や桜、タモなど樹種も様々です。

ここらぼ市の材料でこんなのできました。
  

床板の実(溝)部分をガラスのはめ込みに利用した額縁です。
塗料を使ってアンティーク感のある仕上がりになっています。